事前に知っておきたい!レンタカーで事故に合ったらどうする?

もしもレンタカーで交通事故にあってしまったら?
そんなことはあって欲しくはありませんが、交通事故は気をつけていても起こしてしまったり、巻き込まれることがあります。
そんな時、あわてずに対処するにはどうしたらよいのでしょうか。
ポイントは事前の確認にあります。
事故を起こしてからではなく、レンタル前にしっかり確認すべきことがいくつかあります。
今回は、レンタカーで事故にあった場合どう対応するのか、事前に知っておきたいことなどについて紹介します。

■事故にあってしまった!まずは何からするのか

レンタカーで交通事故を起こした場合も、巻き込まれた場合も、通常の対応と同じです。
まずは安全の確保を取ります。
その次に警察への連絡、ここまでが自分の車の場合と同じです。この後が少し違います
次に連絡するのはレンタカー業者への連絡です。
そして、レンタカー業者から契約している任意保険先への連絡となります。
警察からの事故証明がないと、保険を利用することができず、すべて自分で支払うことになるケースもあります。
いかなる場合も、必ず警察に連絡して事故証明を発行してもらいましょう。
また、車を傷つけてしまった場合は、負担金を支払わなければなりません。
もちろん保険金で修理するのですが、負担金は保険に含まれません。
たとえ、もらい事故であったとしても、契約者が負担金を支払う、ノンオペレーションチャージ(休業補償)というシステムがあるのです。

■自損事故の場合は?

では、軽い自損事故の場合はどうでしょうか。
レンタカー業者によっては自損事故でも警察に届けがなく、事故証明がない場合は全額支払いという場合もあります。
まずは、警察に連絡をしましょう。
ですが、事故証明ももらえず、覚えのない傷や凹みがあった場合はどうでしょうか。
レンタカーは基本的には車両保険に入っていますので、こちらが適応され修理されることもあります。
ですが車両保険は義務ではないため、免責とは限りません。
自損事故で車両保険に加入されていない場合は修理費は全額自腹となることもあります
ただ、自損事故の対応方法についてはレンタル開始前に必ず説明と確認があります。

気持ちよくレンタカーを借りるためにも、また、安心して運転できるためにも、自分で自分のみを守る必要があります。
ただ、レンタカーを利用するではなく、万が一に備えて、いかなる事故の場合でも事前のしっかり確認して利用することをお勧めいたします。