レンタカーのナンバープレートは?

ナンバープレートは、車1つ1つを識別するために必要なものです。
一般的に乗られている自家用車とレンタカーは、ナンバープレートで区別されています。
では、レンタカーのナンバープレートにはどんな違いがあるのでしょうか?

■ナンバープレートに書かれているものは?

ナンバープレートには、地域名や種類・用途によって分類される番号、ひらがなを用いた事業用班別文字、指定番号、色、大きさが決められています。
レンタカーかそうでないかを見分けるためのポイントになるのは、ひらがなを用いた事業用班別文字です。
レンタカーの場合は、「わ」ナンバーが最も多くなっています。
しかし、レンタカーのナンバープレートに記載されているひらがなを用いた事業用班別文字は「わ」だけではありません。

■レンタカーで使われるひらがなを用いた事業用班別文字は?

レンタカーで使われるひらがなを用いた事業用班別文字は、「わ」だけではなく、2桁ナンバーの頃には北海道・鹿児島・長崎の離党で「れ」ナンバーが使われていました。
現在は3桁ナンバーなので、「れ」ナンバーのレンタカーを見かけることはほとんどないでしょう。
また、小型バイクの場合は、「ろ」ナンバーが使われているケースがあります。
そのため、「わ」「れ」「ろ」ナンバーのナンバープレートはレンタカーであると言う認識になります。

■このナンバープレートは運輸支局の許可を受けたレンタカー事業者

「わ」「れ」「ろ」ナンバーのナンバープレートが付いているレンタカーであれば、運輸支局の許可を受けたレンタカー事業者ということになるので安心してレンタルすることができるでしょう。
運輸支局の許可を受けたレンタカー事業者であるということは、整備や日頃の点検業務もきちんとしてるため、そのように考えることができます。
もしも無許可で営業しているレンタカー業者であった場合、色々な不安も付きまとうため、どうしても不安な人はレンタルする前に確認してみると良いのではないでしょうか。

基本的にレンタカー事業者であれば、運輸支局の許可を受けているため、安心して借りることができるとは思いますが、一応確認しておいた場合もあるかもしれません。
また、レンタカーを運転している人がいたら、土地勘がない可能性もあるので、ナンバーを確認して煽ったりしないように気をつけたいものです。
特に行楽シーズンは、レンタカーを借りた観光客もたくさんいるので、いつも以上に気をつけて運転をしましょう。