レンタカーのメリット・デメリットは?

レンタカーを借りることで、とても便利に遠出することができるなどメリットがたくさんあります。
しかし、デメリットもあることを覚えておかなければいけません。
今回は、そんなレンタカーのメリットとデメリットを見ていきましょう。

■レンタカーのメリット

レンタカーの最も大きなメリットは、必要な時間に借りることができるとう点ではないでしょうか。
車を所有すると、税金や保険、整備など様々なお金がかかってしまいますが、レンタカーの場合はすべて代金に含まれています。
それに、借りるたびに違う車を選ぶことができるので、色々な車種を乗り比べることもできます。
普段は車を使わないけど、ちょっとした時に乗りたくなるという人にとっては、経済的で家計にも優しくなるはずです。
またレンタカーは、その時の使用目的だったり、人数に合わせて選ぶことも可能になっています。
乗り捨て可能なレンタカーを借りれば片道だけの利用もでき、遠出した先でもレンタカーを借りることでドライブを楽しむことができます。

■レンタカーのデメリット

レンタカーを借りるデメリットは、貸出できる店舗まで足を運ぶ必要があること、24時間営業ではない店舗の場合は店舗の営業時間に合わせないければいけないということです。
また、必ずしも希望している車種を借りることができないというデメリットもあります。
借りるタイミングが、夏休みなどの繁忙期の場合は、早めに予約をしなければ借りることが難しくなる可能性も大きいので、使用する日程が分かった段階で早めに予約することが大切になります。
急きょ予定が変更になってキャンセルする場合は、キャンセル料が必要になることも覚えておかなければいけません。

■レンタカーならではの考慮しなければいけないポイント

レンタカーは、短時間の利用ではタクシーにコストが負けてしまい、長期間の利用になると所有のコストが負けてしまいます。
コスト面では中途半端になってしまうので、どのくらい利用するのかを考えてから借りるようにしましょう。
また、レンタカーは普段乗りなれていない車です。
そのため、自家用車よりも自己率が高くなってしまうので、普段以上に安全運転を心がける必要があります。
なぜ事故率が高くなってしまうのかというと、自分が購入した車ではないため、手荒に扱ってしまうケースもあるからです。

レンタカーには、今回紹介したようなメリットやデメリットがあります。
レンタカーを借りる際は覚えておくと良いでしょう。