レンタカーの仕組みはどうなっているの?

旅行などに行く時にレンタカーを借りるという方も多いのではないでしょうか?
レンタカー会社はいくつもありますが、どこのレンタカー会社であっても大体の仕組みは一緒です。
今回は、レンタカーの仕組みや予約から返却までの流れについて見ていきましょう。

■レンタカーを借りるためには

レンタカーは、基本的に予約制です。
予約をすることで、希望の車をレンタルすることができます。
もちろん当日借りることも可能ですが、タイミングによっては希望の車種をレンタルできない可能性もあるので、確実にレンタルしたい場合は事前に予約をしましょう。
運転に自信があり、どんな車でも大丈夫という人や車だったらなんでも良いという人でない限り、事前に予約をしておくことをオススメします。
その方が運転に不安を感じることもなく、気持ちよくレンタルすることができるのではないでしょうか。

■レンタカーの予約方法は?

レンタカーの予約方法は、ネットで予約できるお店もありますし、店舗や予約センターに足を運んで予約することもできます。
もちろん、電話での予約も可能です。
スマホなどで簡単に予約することができるネット予約であれば、かなり手軽に予約することができるので、非常に便利です。

しかし、レンタカーは誰でも借りることができるわけではありません。
契約書を作ったり、車の状態をチェックするなど様々な手続きを行った後にようやく借りるこちとができます。
また、レンタカーを借りる日はギリギリに到着するのではなく、予約の時間より早めにとうちゃくしておきましょう。
予約の時刻からある程度過ぎてしまうと、予約取り消しになってしまう場合もあるので時間には絶対に遅れないようにしてください。
もしも何らかの理由でキャンセルする場合は、早めに連絡をしましょう。
基本的に1週間前からキャンセル料がかかってしまいます。

■レンタカーを返却するには

レンタカーを返却する際には、ガソリンを満タンにする必要があり、借りた営業所に返却することになります。
ガソリンを入れることができなかった場合は、営業所に不足分の代金を支払うことになるので、周辺のガソリンスタンドで給油してから返却する方が良いでしょう。
営業所によっては、駅や空港に営業所があり乗り捨てをできる場合もあります。
用途に合わせてどのような返却方法が良いか検討してみてください。

レンタカーはネットでも予約できるので、旅行などの際に非常に便利です。
ぜひ利用してみてください。