レンタカーで事故!事故後の対処方はどうすればいい?

レンタカーを利用している時に絶対に事故に遭わないという保証はありません。
もしもレンタカーで事故に遭ってしまった場合はどうしたら良いのかジアミストと一緒に見ていきましょう。

警察に連絡をする

事故にあってしまった場合は、まず安全確保をして警察に連絡をします。
警察に連絡後は保険会社ではなく、レンタカー会社に連絡をしましょう。
レンタカー会社が契約している保険会社に連絡してくれるので、保険会社への連絡はレンタカー会社に任せることがポイントになります。
また自走できる場合であっても、警察に連絡をして事故証明を貰わないと保険金が支払われないのでかならず事故証明を貰ってください。
相手がいる場合や車以外に物損がある場合は、絶対に警察に連絡をしましょう。

保険金で修理を行う

レンタカーを借りる時に、保険に関する説明もあるはずです。
基本的にはその保険金で修理を行いますが、それ以外の負担金を支払う必要があります。
仮に貰い事故であっても支払い義務は生じます。
そのため、レンタカーでの貰い事故は借りている方が損をしてしまう可能性が大きいのです。

軽い自損事故の場合は?

レンタカーを借りている時の軽い自損事故は、警察に連絡しても対応をしてくれない可能性があります。
事故証明をもらうことができない程度の事故や自覚のないへこみなどはどのように対応したら良いのでしょうか。
そのような場合は、レンタカー会社が入っている車両保険で対応してもらうことができます。
しかし、車両保険は必ず入らなければいけないという義務がないため、免責だけで足りない可能性もあるということを覚えておきましょう。
レンタカーによっては、車両保険に入っておらず、すべて自腹で負担しなければいけない可能性もあるということです。
そのような場合は、レンタカーを借りる際に説明があるはずなので、しっかりと確認しておくことをオススメします。
保険の内容や事故に関する事項は、自分自身を守るためにも必要なことなので、しっかりと説明を聞きいざというときに慌てないようにしましょう。

レンタカーに乗っているからといって、100%安全ではありません。
乗り慣れていない車に乗るということは、その分事故に遭う可能性も高いと思っておくことが気を引き締めるために大切です。
万が一事故に遭ってしまった場合は、冷静に対応をしてしっかりと警察やレンタカー会社の指示を仰ぎましょう。
それが自分を守るために大切なポイントです。