レンタカーが故障したときの対処法

レンタカー会社によっては、メンテナンスが十分に行われておらず、故障してしまうこともあります。
もちろんしっかりとメンテナンスをしていても故障などトラブルが起こってしまう可能性はあるので、万が一故障してしまった時の対応を知っておくことは大切です。
ジアミストでは、故障がないようにメンテナンスを行っていますが、故障したときの対処法も知識としてもっていくといざという時に便利です。

トラブルが発生した場合はすぐ連絡を!

トラブルが発生してしまった場合は、すぐに借りた店舗に連絡をしましょう。
無理に動かしてしまうと、全く動かなくなってしまい、補償の対象にならない可能性があるので無理に動かすことは避けた方が無難です。
店舗に連絡後は、店舗の指示に従いましょう。
車の状況にもよりますが、自走できるようであれば場合によっては店舗の近くまで運転するように言われることもあります。
もしもそのように言われたのであれば、走行できない状態にまで悪化してしまっても利用者の責任にはなりません。
どうしても自走できない状態になっている場合は、代車をレンタカー会社が手配してくれたり、レッカー車がきてくれるので待ちましょう。

利用者に不備があった場合は?

故障の原因は必ずしもレンタカー会社にあるとは限りません。
利用している人の扱い方や不適切な管理がトラブルにつながってしまった場合は、全て利用者の責任になります。
レンタカー会社がロードサービスに加入しているのであれば対応してもらうことができますが、何日かレンタルしている間にトラブルが発生してしまった場合は、自腹で費用を払わなければいけない可能性があることを覚えておきましょう。
鍵を閉じ込めてしまったり、鍵をかけなかったことが原因の盗難などは利用者自身の責任になるため、自腹でロードサービスなどの手配をする必要があります。
しかし、この場合もレンタカー会社がロードサービスに加入していれば、レンタカー会社の方で対応してもらうことができます。

レンタカーを借りる時に要チェック

レンタカーの補償内容は、レンタカー業者によって異なります。
そのため、レンタカー業者を選ぶ時には料金だけではなく、事故や故障時の補償内容についても確認しておく必要があります。
そして、いくつかを比較した上で、どのレンタカー会社でレンタルするか決めましょう。

レンタカーは、旅行などの時に利用する人も多いはずです。
楽しい旅行のスケジュールを大幅に狂わせてしまっては、後悔ばかりが残ってしまいます。
故障してしまった時の対応など知っておくことで、スムーズに対応することができ、無駄な時間を過ごすこともなくなるでしょう。