カーリースとは何か知っていますか?

カーリースとは新車購入ともレンタカーとも異なり、車検や税金、メンテナンスなどもろもろの料金が、毎月のリース料金に含まれているものです。
なぜこのようなことが可能なのか?
それは、カーリースというものが、賃貸借契約であるからなのです。
今回はそんなカーリースについてジアミストが解説していきます。

カーリースは賃貸住宅と同じ?

カーリースと自動車ローンの違いは家に例えるととても分かりやすくなります。
例えばカーリースを賃貸住宅だとすると、自動車ローンの場合住宅ローンの様な扱いになります。
そのため、車を買って自動車ローンを組む場合は維持費・管理費など将来的な金銭面についてもしっかり考える必要があります。
しかし、カーリースはあくまで月の定額の中に、維持費・管理費が含まれているので、金銭的な管理がとても楽です。
カーリースは賃貸住宅のような扱いで、月に定額を払うだけなので、今後の金銭面で悩む必要が無くなるのです。

使用者名義は皆さんの名義

世界中の車には必ず所有者と使用者の名義が必要になります。
自動車ローンの場合はローン会社が所有者となり、使用者の部分だけが自分の名義となります。
しかし、カーリースの場合はリース会社が所有者となり、リース契約している人が使用者となります。
車を持つ人の中には、「自分が所有者」と考える人も多いのですが、カーリースだけではなく、自動車ローンを組んでいる場合も、ローンを支払い終わるまでは車の所有者はローン会社のものとなります。
所有者がローン会社やリース会社である場合でも、車を運転する際には何の問題もありません。
月々の支払いをきちんと行ってさえいれば、マイカーとして車を使い続けることができるのです。

ナンバーやオプションは自由

カーリースの車両はレンタカーのようにナンバーがひらがなの「わ」であると言うことはありません。
カーリースを行う際に希望のナンバー、またはオリンピックナンバーのような特別ナンバーにすることが可能です。
そのため車のナンバーは普通の自家用車と変わりません。
更にカーリースでは、お店で新車を購入するのと同じように車を選ぶことができます。
メーカーやグレード、車のカラーそして車のオプションも自由に選ぶことができるのです。
しかし、カーリースは返却の際に元の状態でリース会社に返却をしなくてはならないので、車を改造するといった行為は絶対に止めましょう。
車の過度なオプションの変更や派手な装飾、カスタマイズをしたいと言う人は、カーリースには向いていないと言えるので、新車を購入してしまった方が良いでしょう。