カーリースにあるメリットとデメリットとは?

現在は多くの人が車に乗って生活をする時代になりました。
しかし、金銭面などの問題で新車を購入しない・できないということで「カーリース」を利用する人も増えています。
今回はカーリースのメリット・デメリットについてジアミストが紹介していきます。

カーリースのメリットとは?

カーリースのメリットは何といっても頭金が不要だというところです。
普通に新車を購入する場合は、税金や手数料などいろいろな場面でお金が必要になります。
しかし、カーリースは月々の支払いに税金や手数料が含まれているので、諸々の料金は必要なく「0円」で新車に乗ることができます。
月々の支払いに含まれる内容として「将来の維持費」と言われる1年に1度に支払う自動車税や2年に1回の車検代、メンテナンス費用など、車の維持や管理にに関わるものが全て付いています。
税金や車検などのようにまとまったお金が必要になることはありません。
そのため、普通に新車を購入するよりもカーリースの方が月々の出費を抑えることができるのです。
更にリース契約の間は車の全額を支払わなくても良い為、出費を抑えることができるので、人気の高い車ほど安価で乗ることができます。
車のメンテナンスにおいてもカーリースであれば定期的にメンテナンスのお知らせがきて負担のない出費で安全な車に乗ることができます。

カーリースのデメリットとは?

カーリースのメリットをいくつか紹介してきましたが、残念ながらデメリットも存在します。
ひとつは運転距離を制限されるというところです。
カーリースではあらかじめ運転距離が制限されています。
運転距離の上限が短ければ短いほどリース料が安くなるため、距離を極端に短く設定した価格がWebや広告に掲載されている場合があります。
カーリースの契約時には、走行可能距離などをきちんとリース会社に確認をするようにしましょう。
2つ目は車を最終的に買う場合です。
カーリースでは、リースしていた車を最終的に購入することも可能です。
その場合は、支払総額が新車を現金で購入したりローンで支払うよりも金額が高くなってしまう場合があります。
その理由は、車本体の金額の他に契約期間中に行うメンテナンス等にも金利がかかってしまうからです。
そのため、出費を抑えるために利用したカーリースで最終的に購入するのであれば、決してお得とは言えません。
自分の車を持ちたいと考える場合はカーリースではなく、最初から新車を購入した方が良いでしょう。
カーリースは自分の将来を考えた上で判断し、利用することをおすすめします。