カーリースに向いている人の特徴とは

近年カーリースを利用する人が増加傾向にありますが、カーリースを利用することで必ずしもメリットがあるとは限りません。
カーリースには様々なメリット・デメリットがありますがそれを踏まえていったいどのような人がカーリースの利用に向いているのでしょうか?
今回はカーリースに向いている人についてジアミストが解説していきます。

カーリースに向いている人の特徴

カーリースは頭金を支払うことがありませんから、まとまった資金を持っていない人にはおすすめです。
カーリースは月々の支払料金に、車検やメンテナンスなどに必要な金額があらかじめ含まれているので、月々の支払いを抑えたい、急な出費をしたくないと言う人にはとても向いていると言えます。
更に走行距離が短い人や、車のことについて詳しくないが安心安全に車を維持したいと言う人にもおすすめです。
また、メンテナンスについてもリース会社から連絡が来るので、メンテナンスを忘れてしまったり、先延ばしにしてしまうことがありません。
そのため、主に免許を取得したばかりの初心者や、普段車に乗る機会の少ない人にカーリースは向いていると言えるでしょう。

カーリースに向いていない人の特徴

走行距離が毎月2000km以上の人はカーリースは向いていません。
カーリースはあらかじめ走行距離が決定されていて、走行距離の上限が短ければ短いほどリース料が安くなります。
そのため長距離の走行が多い人は、リース料が高くなってしまうので避けた方が良いでしょう。。
また、車が廃車になるまで長い期間乗り続けたいと言う人や、車のメンテナンスやカスタマイズ、改造などを自分で行いたい人はカーリースを利用するよりも、新車を買った方が出費を大幅に抑えることができます。
カーリースでは車を返却する際に、リース当初の状態で返却することが基本なので、カスタマイズや改造をしてしまうと余計な出費が増えてしまうので注意が必要です。
金利や手数料を安価で抑えたい場合もカーリースは不向きです。
最終的にリース車両を購入する場合、車体の他にメンテナンスや自動車税などの費用にもに金利がかかってます。
その為、支払総額が新車を購入する時よりも高くついてしまうことがあるので注意しましょう。

特に車が好きな人は、カーリースよりも自分で新車を購入してしまった方がお得といえます。
車の乗り方や維持・管理についてよく考えた上で、カーリースを利用するかどうか決めてみてはいかがでしょうか。