ドライブレコーダーの選び方とは?

ドライブを安全に楽しむために、ジアミストが注目しているのがドライブレコーダーです。
事故を起こしてしまった時、自分が無罪であることを主張するための証拠となる映像を残してくれるなど多くのメリットがあるので取り付ける人が多くなっています。
しかし、ただ車に取り付けておけば良いというわけではありません。
「どれくらいの解像度ならはっきり映像が映るのか?」「事故にあった時、本当にこの画像が役に立つのか?」など意外とドライブレコーダーに関して知らない人が多いのではないでしょうか?
今回はドライブレコーダーの選び方について紹介していきます。

人気のドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーとは車に取り付けて走行中や事故が起きた際の状況を常に録画してくれます。
近年では車を駐車するところも記録ができるようになりました。
画質も数年前に比べて解像度が上がり、よりはっきりと状況の記録ができるようになってきました。
日々進化を遂げるドライブレコーダーにも洋服と同じようにトレンドというものがあります。
最近話題になっているドライブレコーダーには走行中はもちろん、エンジンを切っていても記録をしてくれる「駐車録画」という機能が搭載されるようになりました。
そのため、車上荒らしや当て逃げなど、自分の目が届かない時間帯の記録が可能です。
また、解像度に関しては200万画素が主流となり、解像度が高いことで事故にあった際の状況や相手の顔、ナンバープレートなどがはっきりと映り、後から確認をする際にとても役立ちます。
更には逆行などでもきちんと録画をしてくれるWDR機能も忘れてはいけません。
この機能は明るさ調節を自動的に行ってくれるので、肝心な場面が記録できていないといった状況を減らすことができます。
ドライブレコーダーを選ぶときにはこのような機能に注目してみるのもおすすめです。

ドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーの選び方にはいくつかポイントがあります。

・一体型タイプと分離型タイプを比較する
・仕様・機能を確認する

これらの項目を確認して見ましょう。
タイプによってカメラの画角や、カメラの設置場所に制限があったりします。
また、カメラの大きさや使い方など、自分の車に取り付けて違和感がないか、自分にとって扱いやすいかなどをしっかりとチェックしましょう。
自分に合ったドライブレコーダーを設置することで、今後事故に巻き込まれたときに役に立つことでしょう。