車に座布団は必要なのか?

車に乗るときドライバー用の座布団を利用していますか?
このドライバー用の座布団にはメリットもありますがデメリットもあります。
長い時間ドライブをする時等、長時間のドライブをするときは疲れにくくなり身体への負担を軽減してくれるメリットがあります。
しかし、デメリットを上げるのならば、ドライバー用の座布団を利用することで、ドライバ-の目線が全体的に上がってしまったり、衝撃でずれてしまったりするなどの声も上がっているようです。
今回はドライバー用の座布団の選び方について紹介していきます。

座布団の選び方とは?

近年の車用座布団の中には、温度調節ができる機能や身体がコリ固まらないようにマッサージをしてくれる機能を持つものなど多くの種類があります。
ドライバーの体格や座り方などそれぞれ異なるため、購入する時には実際に座って確かめるようにしましょう。
そして、座布団を使用したことで身体の痛みが軽減したなど効果が見られれば、ドライバーとの相性が良い商品だったと言えるでしょう。
どれを購入したら良いのか分らないと迷ってしまった場合は、誰の体にも合いやすい低反発タイプの座布団がおすすめです。

お勧めは専用商品!

運転中に座布団がずれてしまうと、ドライバーにとってはかなりストレスに感じてしまいます。
更に、姿勢もつらくなってしまうので、運転が危険になってしまいます。
このような状況を防ぐためには座布団の裏に滑り止めが付いている専用のシートクッションを敷くことで、滑りにくくなりストレスを軽減することができます。
ものによっては通気性に優れていて、1年中使うことができる商品や2枚セットで低価格のようなコストパフォーマンスに優れた商品もあります。
冬場であればシートヒーター付きの座布団がおすすめです。
シートヒーターはエアコンと異なり、肌の乾燥がしにくく身体の心から暖まる事ができます。
こちらの商品も基本的には滑り止めが付いていて、クッション性にも優れています。
そのため、冬のエアコンが苦手な人に人気となっています。

ドライバー用の座布団は自分の体に合うものを選ぶことによって、体への負担を減らすことが可能です。
快適なドライブのためにぜひ自分に合った座布団を探してみてください。