個人向けカーリースで好きな新車に乗ろう!

カーリースは企業が社用車として契約するイメージも強いでしょう。
しかし、最近は社用車向きのバンやワゴンだけではなく、個人向けの普通自動車や軽自動車などを揃えたカーリース会社が注目されています。
賢くカーリースを利用すれば、憧れの新車に乗ることも可能です。
ここでは、ジアミストがカーリースの賢い利用法について紹介していきます。

カーリースの支払いとマイカーローン

一般的なマイカーローンには頭金の支払いが必要となりますが、カーリースの支払いには頭金の支払いが無いため、初期費用の負担が軽くなります。
カーリース会社が用意する車は、自動車メーカーから卸値で仕入れた新車であるケースがほとんどです。
利用者には7年契約など期間を決めて貸し出し、契約満了後は中古車として販売します。
カーリースで借りた車は利用者のものにはならず返却する必要があります。
しかし、税金や整備費用がリース料金に含まれているため、少ない費用で憧れの車種の新車に乗ることも可能です。
カーリースは返却する必要がある分、一般的なマイカーローンと比較して支払い額は少なくなります。
残価設定型のカーリースの場合、残価は期間満了時に下取りする車の価格となり、利用者はこの残価を差し引いた金額を支払うことになります。
一般的にカーリースは7年や9年などの長期間にわたり月割で支払う為、毎月の支払額はマイカーローンと比較して少なくなります。
気に入った車に長く大切にのるタイプの利用者には、カーリースがおすすめです。

普通自動車や軽自動車のカーリース

カーリースを利用したい人にとって、どんな車種が選べるのかは気になる点でしょう。
実際のカーリース契約では、新車購入の流れと同様に、車種やグレード、色、オプションなどの選択が可能です。
レンタカーの場合は、レンタカー会社が保有している決められた車両にしか乗れません。
その点、カーリースは自分の好きな車種を選ぶことが可能で、納車までは約1ヶ月前後となっています。
普通自動車のカーリースの例では、コンパクトカーのハイブリット車に、人気のカーナビ、バックカメラ、ETCをつけ、12カ月法令点検、オイル交換、エレメントなどのメンテナンスを受けるサービスがついているプランなど様々なプランがあります。
カーリース会社によっては、リース期間終了後にそのまま自分の車として乗ることのできるプランもあります。

カーリースは新車に乗りたいけれど、メンテナンスや管理にお金がかかるのが嫌という人や、頭金が用意できなくて新車のローンを諦めてしまった人に人気となっています。
憧れのあの新車に手軽に乗りたいときには、カーリースを活用するのもおすすめです。