レンタカーを借りる時注意したいこと

家族や友だちと遠出したり、旅行先で観光したりと、レンタカーをレンタルしたいと言う人はたくさんいることでしょう。
しかし、初めてレンタカーを利用する人は注意したいことがいくつかあります。
すでに何度もレンタカーを利用している人にとっては当たり前のことになってしまいますが、初めて利用する人は知っておくと良いでしょう。
今回は初めてのレンタカーで注意したいことをご紹介していきたいと思います。


レンタカーを利用するときは必ずチェックを行う

レンタカーが貸し出されるときは店舗のスタッフが一通りチェックが行われます。
しかし、このとき利用者は早めにお店に行き、一緒に車の状態を確認しましょう。
レンタルする時間が限られているので早くレンタルしたいところですが、この時点でのチェックが適当であると、トラブルが起こる場合があります。
そのトラブルと言うのが、車の傷や汚れです。
チェックを適当に行ってしまうと、レンタカーを返却する際に傷や汚れがあった場合に、前からあった傷なのか自分がつけてしまった傷なのかか分らず、自分が付けた傷でなくても事故扱いとなってしまう恐れがあります。
そのため、レンタルの際はしっかりチェックを行うことが大切なのです。
もしも、借りる前に店舗側がチェックしていない傷や汚れがあった場合、その店舗のスタッフに書面で残してもらうようにしましょう。


レンタカーを利用するときは任意保険の条件を確認が必要

皆さんが借りるレンタカーは、必ず自賠責保険に加入しています。
しかし、任意保険に関しては会社によって条件が変わってきます。
内容が異なれば車が破損した場合、どの場面で免責が適応できるのかというところも変わってきます。
そのため、レンタカーを利用する際は、任意保険をしっかりと確認することが大切になります。
更に、任意保険は契約者のみに適応されるため、長時間の運転を避けるために複数人が交代で運転をする場合などは、その人も一緒に登録をするようにしましょう。


レンタカーの返却にはガソリンが満タンの状態で返却する

初めてレンタカーを利用する人は、返却時にガソリンが満タンで返すということを忘れてしまうことがありますが、レンタカーは基本的にガソリン代が自腹となります。
もしも、ガソリンを満タンで返却しなかった場合は、皆さんがガソリンを入れるよりも高い金額を請求されることがあります。
金額が高くなってしまう理由は、スタッフがガソリンを詰めると人件費が発生してしまうからです。
そのため、レンタカーを返却する前はガソリンを満タンな状態で返すと言うことを頭に入れておきましょう。