海外でレンタカーは利用できるのか?

海外で観光やドライブ、自由行動したりと車を使いたいと思う人は多いのではないでしょうか?
海外でレンタカーを借りることによって、海外を楽しむことができます。
しかし、海外でレンタカーを利用するにはどうしたらいいのか意外と知らない人が多いでしょう。
今回は海外でレンタカーを借りる方法を紹介していきます。


海外でレンタルするときに必要なものとは?

海外でレンタカーを借りる際に必要になるものがあります。
それは、自分の国の運転免許証、そして国際運転免許証です。
このとき注意しなくてはいけないのが年齢です。
海外では基本的に、25歳以上であること、自分の国で運転免許を取得してから1年以上経過していることが条件になります。
次に支払いの際についてです。
現金やトラベラーズチェックで支払いを行う場合でも、借りる側の支払い能力を知るために支払は多くの国がクレジットカードの提示を求められます。
レンタカーを借りるときは現金とクレジットカードがあると安心です。


運転できる国とできない国

海外で運転がしたい場合国際免許が必要になります。
しかし国際免許があればどこの国にも行けるのかと言うとそうではありません。
基本的にジュネーブ条約に加盟されていない国での運転はできません。
日本が加盟しているジュネーブ条約に加盟していない国での運転は難しく、運転するためには、滞在できる期間が長いビザを持っていなければいけないからです。
また、違法にレンタカーを貸し出してくれる場合がありますが、自賠責に関する保険が普及していない国多い場合が多いため、保険が普及していないレンタルショップでの運転はなるべく控えるようにしましょう。


レンタカーを借りる際に注意すること

レンタカーを借りる際に現地のレンタルショップに行き、その場でレンタカーを借りることも可能です。
しかし、すべてのレンタカーが貸し出されている場合や、自分の乗りたい車種や大きさがない場合もあるので旅行に行く前に、日本で予約をすることが好ましいです。
その場で借りるよりもお得なプランが用意されていることがほとんどです。
レンタカーの予約をする際は、レンタル開始と返却の日時と場所、そして自分が希望する車種、飛行機の便名が必要となります。
予約ができると確認書が発行されます。
このとき、しっかりと内容の確認を行ってください。
内容に問題がなければ確認書を現地に持って行き、レンタルショップで提示しましょう。