レンタカーは複数人で運転可能?

旅行やドライブでレンタカーを利用する場合、基本的には借りた人が運転をします。
しかし、長距離、長時間の運転になった場合、たった一人に運転を任せ続けるのは少し不安と感じている人もいるでしょう。
せっかくなら皆で交代してドライブを楽しみながら旅行をしたいという人もいますが、借りた人以外のレンタカーの運転ははたして可能なのでしょうか?
今回はレンタカーは複数人で運転をすることが可能なのかと言うことについて解説していきます。


レンタカーは複数人での運転が可能

結論から言うとレンタカーの運転は、レンタカーを借りた人以外つまり契約者以外の人でも運転は可能です。
せっかく出かけるというのに一人に負担をかけてしまっては全員がドライブを楽しむことはできません。
免許を持った人がいるのに一人しか運転しないというのは、デメリットの方が大きいと言えるでしょう。
一人で長距離、長時間の運転をしていると、徐々に疲労かたまってくるため事故を起こしてしまう確率が上がってしまいます。
そのため、他に運転ができる人がいるのであれば予約またはレンタル時に安全で楽しいドライブにするために複数人で運転するという旨を業者に申告しておきましょう。


複数人でレンタカーを利用する際の条件

複数人でレンタカーを利用すると言うことはレンタカーを契約したひと以外の人物も運転することになります。
しかし、契約者以外の人が運転するためには必要が条件があります。
当たり前のことですが、運転者全員の免許証の提示が必要になります。
この時に免許証がない人はレンタカーの運転をすることができません。
レンタカーを借りる際に運転する人が業者に足を運ぶことができない場合はその人分の免許証はコピーで対応することも可能です。


免許証の提示は必ずしておきましょう

考えたくはありませんが、レンタカーで事故にあってしまうこともあります。
免許証を提示した人が事故にあった場合は予め契約に含まれている保険や保証制度が適応されるためお金を払う必要がありません。
しかし、その際運転していた人が、免許の提示をしていなかった人であった場合、契約違反の第3者への貸し出しに引っかかってしまいます。
すると、レンタカーを予約した際に加入した保険や保障制度が適応されなくなってしまうため、自腹でお金を支払わなくてはいけなくなるのです。
旅行先やドライブで高額な出費をしないためにも、運転をする人はしっかりと免許証の提示を行いましょう。