レンタカーをお得に利用する方法

公共交通機関の利用は私たちの生活にとって欠かせないものですが、電車やバスは狭い道を通って自分が行きたい目的地へ直接向かうことはできません。
そんな時はやはり、車の利用がとても便利です。
しかし、自分の車を所有していない人はたくさんいます。
そこで、車を所有していない人に利用してほしいのがレンタカーなのです。
全国には様々なレンタカー会社があり、便利なサービスも数多くそろえてあります。
近年はインターネットの普及により、レンタカーの予約が簡単になり、利用者が増加してきました。
今回は旅行や出張の際にレンタカーを利用する際に知っておきたいことを紹介していきます。


割引サービスの利用

レンタカーを利用する際は、割引サービスを利用して割引料金でレンタカーを利用しましょう。
レンタカーをレンタルする際は、会社にサービスの会員登録を行わなくてもレンタカーの利用をすることができますが、会社によっては会員になることで最大約15%もの割引きが可能になる場合があります。
インターネットからの予約をすると人件費がかからないため、会社によってはこちらも最大約10%程の割引ができることがあります。
大学生向けや、旅行チケットと併せて利用することで、レンタル価格を抑え、お得にレンタカーを利用することができます。
レンタルをする前に、対象の割引サービスを確認しておくと良いでしょう。
また、一部のレンタカー会社では、外車や高級車を通常料金に追加料金を支払うことでレンタルが可能になる場合があります。
特別な日に借りる人が多く大変人気です。

レンタカーを利用するときの注意点

レンタカーを利用する際、年末年始やお盆休みなど、人が込み合う次期にレンタルすることで特定のエリア内で別料金が発生することがあります。
すると、通常料金よりも高い出費になってしまう場合があるので、人が込み合う時期を避けることがおすすめです。
また、レンタカーはレンタルする際に免責保証に忘れずに加入しましょう。
もしも事故を起こしてしまった場合でもレンタカーにははじめから保険料が含まれているのでその保険から補償されます。
ですが、面積保障制度に加入していないと、予め設定されていた自己負担額を自身で支払うことになります。
この面積保障は通常料金に約1000円程度上乗せすることで加入をすることができます。
この保証に入っていないと、事故を起こした際に約10万円の支払いが必要になります。
事前にしっかり確認して加入しておきましょう。