当日にレンタカーを借りる際必要になるもの

レンタカーを借りようと思っても必要な物が分かっていないとレンタカーを借りることができません。
始めて利用しようと考えている人なら尚更です。
各レンタカー会社によってはレンタカーを借りる際に必要になる物が異なることもあるので厄介です。
もしも必要な物が揃えられない、忘れてしまったとなるとせっかくレンタカーを予約しても、当日貸し出してもらえないなんてこともありうるのです。
今回は参考程度に、レンタカーを借りる際に必要なものを紹介していきます。

免許証は絶対に必要です

レンタカーを借りる際は、どのレンタカー会社であっても必ず免許証が必要になります。
複数人で運転を希望する場合は全員分の免許証が必要になります。
しかし、普段車に乗らないという人はレンタカーを借りる際に免許証を忘れてきてしまうという人が多いです。
たとえ短距離であっても車の運転には免許証が必要なので、貸し出しの際に免許証の提示を行わなかったという人は運転を認めることができません。
また、免許を取得して1年未満の初心者、またはペーパードライバーであっても免許証を提示さえすれば、レンタカーの貸し出しをすることが可能です。
ただし、そういった人には免許取得から3年以上の運転経験があるセーフティーアドバイザーの同乗が必要なる場合があります。

1台のレンタカーを複数人で交代して運転する場合

旅行やドライブでレンタカーを利用する際に、家族や友達と交代しながらの運転を希望したいという人がいます。
レンタカーは申告さえしていれば、複数人での運転が可能です。
一人に運転を任せっきりにしてしまうと、疲労がたまりやすくなり事故を起こすリスクが高くなってしまうため免許を持っている人が複数人いるのであれば、予め申告しておくことをおすすめします。
また、登録者以外で運転する予定の人物がレンタカーの貸し出しの際に立ち会うことができずに免許証の提示が難しいという場合は、貸し出しまでに免許証のコピーを同乗者に渡しておきましょう。
免許の提示がないと運転ができませんが、コピーを提示するだけで運転が可能になります。

免許証以外に必要なもの

レンタカーを運転する際に必要なものは運転する人の免許証だけではありません。
レンタカーを借りる際は、公共料金の請求書などが必要になります。
これは登録者の現住所など必要な情報を確認するために必要になります。
レンタカーを借りる時は免許証、自宅の現住所が分かる物を必ず持参してください。