カーリースでの走行距離制限

ジアミストでは快適な生活のために車を利用したい人をサポートしています。
レンタカー会社の運営をしているため、カーリースに関する情報も提供できるのがジアミストの強みです。
今回は、カーリースでの走行距離制限についてご紹介します。


カーリースでの走行距離制限とは

初期費用を抑え定額で好きな車に乗れるカーリースですが、契約上で走行できる距離が決められているケースがほとんどです。
車は走行距離が長くなればなるほど価値が低くなっていくものです。
そのため、カーリースではあらかじめ年間の走行距離に制限がかかっているのです。
年間に走行できる距離に制限があることをデメリットと考える人も多いでしょう。
週末に長距離ドライブを楽しみたい人や、列島縦断の旅行が趣味の人の場合、年間距離をオーバーする可能性が高くなります。
車の使い方は、使用する人のライフルタイルにより大きな差があるものです。
同じ期間契約でカーリースを利用している人でも、走行距離が5万㎞を超えない人もいれば、10万㎞以上を走行する人もいるでしょう。
車は走行距離が違えば劣化の度合いにも違いがでます。
カーリースは契約期間満了時の車の状態を一律にする必要があるので、年間の走行距離に制限がかけられているのです。


年間走行距離をオーバーした場合

万が一、カーリースで利用している期間に年間走行距離をオーバーしてしまった場合はどのような措置がとられるのでしょうか。
カーリース契約の際には、年間走行距離を1万㎞や1.5万㎞などに設定して契約します。
走行距離が少ないプランだと格安になるカーリース会社もあります。
事前に定めた年間走行距離をオーバーした場合には、追加料金を支払う必要があり、その追加料金についてはカーリース会社の規定によって異なっています。
走行距離が長くなった分その車の価値が下がるため、補てんするという考え方ですね。
例えば、超えた走行距離1㎞あたり3円から10円程度の追加料金を支払うなどのシステムとなります。
カーリースを契約する際には、年間走行距離と月間走行距離を確認し、オーバーした場合の追加料金システムについても把握するようにしましょう。


車の使用目的に合ったプランを選ぼう

年間走行距離がカーリース利用のネックとなる人もいるかもしれません。
しかし、長距離を走った車は故障リスクも高まります。
市内など近距離移動にはカーリースを使用し、長距離移動には公共交通機関を利用するなどの工夫をすれば、年間走行距離の範囲内でカーリースを利用できるでしょう。
車の使用目的に合ったカーリースのプランを検討してみてください。