カーリースの審査が通らないケース

カーリースの申し込みは店頭だけでなくインターネットからも手軽に行えるので、車を持つ手段の一つとして注目を集めています。
カーリースの利用は賃貸借契約で車を借りるため、きちんとした審査が必要です。
審査自体は他の審査と比較すると甘い傾向がありますが、場合によっては審査に通らないケースもあります。
ここでは、ジアミストが、カーリースの審査について紹介していきます。

カーリースの審査内容

車を一定期間借りるためには、リース代の支払いが必要なのでリース期間中の支払いが可能かどうかを審査します。
まず、年収に関しては200万円以上が望ましく、年収が200万円以下の場合には支払い能力が低いと判断されてしまいます。
年収が低い場合でも、資産や貯金額なども合わせて総合的に判断されるので、審査が通る可能性もあります。
次に、債務履歴の条件ですが、自己破産などを行った場合や適切な方法で債務処理を行った場合でも債務履歴には残ってしまい、支払いを放棄した過去があれば信用に値しないと判断されてしまいます。
自己破産以外にも、任意整理やクレジットカードでのブラック認定なども履歴として残るため、審査に通りにくくなるのです。
さらに、仕事内容も審査対象となっています。
公務員や企業の正社員は審査に通りやすく、個人事業主やアルバイトなどの場合は審査が厳しくなります。

カーリースの審査に通らないケースとは

基本的に上記の「仕事内容」「債務履歴」「年収」などの条件がクリアできなければ、他の審査同様カーリースの審査にも落ちてしまいます。
借金がある、赤字経営などの場合も審査に通りません。
特に信用問題に傷がある場合、車種のクラスを下げても審査は通らないので注意してください。
また、審査会社を変えたとしても、他社で審査に落ちた履歴は残るため、同様に審査が通らないと考えて良いでしょう。
カーリースの審査に通らない具体的なケースとしては、審査報告書に虚偽の内容を記載している人、クレジットカードの支払い残高のある人、年収が低く不安定な人、各種ローンなどの審査に落ちた人、連帯保証人がいない人などです。
カーリースの審査に通らない人は、車のローンも通らない可能性が高いでしょう。

審査不要のカーリース

車が必要なのに、カーリースの審査に通らない、車のローンにも通らない場合は審査不要のカーリースが強い味方です。
会社によっては審査不要を謳っていたり、審査自体はあっても「独自審査」という、一般の審査会社よりも条件が甘い審査で契約可能なカーリース会社もあります。
地域が限られたり、利用条件や車種に制限がある場合が多いのですが、カーリースをあきらめる前に調べてみると良いでしょう。