自己破産した人もカーリースの契約は可能?

レンタカー会社を運営するジアミストでは、快適なカーライフをサポートするため様々な情報を提供しています。
ジアミストの契約に関する知識は、カーリースの審査に関しての不安解消にも役に立つと考えています。
今回はカーリースの契約に際し、自己破産した過去がある場合でも審査が通るのかについてご紹介しましょう。

カーリースの審査について

一般的なローン契約と同様に、カーリース契約に際しても審査が存在します。
カーリースの場合、基本的には頭金を用意する必要がないので、まとまったお金がない場合でも手軽に車に乗ることができます。
しかし、カーリースの車を利用するには、毎月の利用料を支払う必要があるため、支払い能力に関して事前に審査が行われます。
返済能力が求められる点では、ローンの審査と似ていると考えて良いでしょう。
カーリースの審査としては、収入、仕事内容、債務状況を主な項目としてチェックしています。
その他にもローンの有無や収支バランスなども審査対象です。
債務状況の中で過去に金融事故を起こしている場合は特に審査が厳しくなるので注意が必要です。
具体的には、債務整理、自己破産、返済遅延などがあれば審査に通りにくいといえるでしょう。

過去に自己破産した人のカーリース契約

自己破産の経験がある場合、カーリースの契約は難しいです。
自己破産という金融事故は信用情報機関においてブラック扱いとなります。
破産後は一定期間ローンを組むことは不可能となり、同様に破産直後にカーリース契約の審査に通ることもありません。
一般的に金融事故を起こしてから約5年程度はブラックリストに履歴が残ります。
そのため、5年程度経過すればカーリース契約も可能となる場合があります。

審査ナシのカーリース会社

自己破産などの金融事故を経験した人でも利用できるカーリース会社もあります。
実はカーリース会社にも様々な種類があり、審査がない会社や一般的なローン会社の審査よりも甘い独自審査システムを導入している会社もあるのです。
そのため、カーリース会社を変えると審査に通ることもあります。
このようなカーリース会社を上手に利用すれば、利用を諦めなくても済むでしょう。

自己破産をした人は、一般的には信用が必要なカーリース契約は困難です。
それでも、各地に審査ナシ・独自審査の会社もあり、そのような会社を選ぶことでカーリースの利用ができる場合もあるので、一度確認してみると良いでしょう。