車の登録名義、カーリースの場合どうなるの?

レンタカー会社を運営しているジアミストでは、カーライフにまつわる情報を提供しています。
車の購入やカーリース契約は何度も経験する契約ではなく、知識がないまま契約の場に臨み不安を感じる人も多いようです。
ジアミストでは契約に関して、名義の持つ重要な意味を知ってもらいたいと考えています。
今回は、カーリース契約における車の登録名義についてご紹介しましょう。


カーリースの車と登録名義

カーリースの車は、利用者が占有して使用することが可能なので利用者の持ち物と感じやすいかもしれません。
しかし、カーリースの車について、車の所有者はあくまでもカーリース会社です。
カーリースの場合、車検証に記載される所有者、登録名義はカーリース会社であり、カーリース契約をして車を実際に利用する人は車検証の使用者の欄に氏名が記載されます。
車検証に記載された所有者には、その車に関する一切の権利があります。
使用車は使用できるというだけで、その車を勝手に売ったり、勝手に廃車することはできません。
もし、カーリースの車でリース契約の使用者名がそのまま車検証の所有者として名義が記載されてしまえば、カーリース中の車を利用者が勝手に売っても大丈夫ということになってしまいますね。
カーリースの登録名義の所有者はカーリース会社となっているのは、車を貸し出しているのがカーリース会社であることからも当然のこととなります。


車の名義が自分ではない意味

カーリース契約をして車を利用する上で、車の所有者が自分ではないことに不安を感じる人もいるかもしれません。
しかし、カーリース契約し利用している状態で、名義が自分ではないことは特に問題がありません。
ただし、契約期間が満了したリースアップ後に、買い取りをする場合は名義に関して慎重になりましょう。
買い取った車は自分の所有物となるため、必ず車検証の登録名義も自分に変えなければなりません。
万が一、買い取った車の登録名義変更をせず、カーリース会社のままにして放置してしまえば、取り返しのつかないトラブルに巻き込まれる可能性もあるのです。
例えば、買い取った後に車の点検等でカーリース会社に車を預けたまま、いつの間にか自分の車が転売されるというトラブルも考えられます。
車検証の登録名義として所有者がだれかということは、法律上での車の権利を持っているのは誰かということを示す重要な事項となるので、必ずリースアップ後の契約時などには確認するようにして下さい。