頭金ありのローンとリースを比較すると

ジアミストではリースとローンの違いについて、カーライフを楽しみたい人に向けて情報提供しています。
レンタカー会社の運営を通し、ジアミストは車のある生活をサポートしたいと考えているのです。
今回は、頭金のある一般的な新車ローン購入と個人向けカーリース契約の違いについてご紹介します。


ローンの頭金とリースの残価は同じ?

一般的に新車をローンで購入する場合には頭金が必要となります。
ローン契約ではローン金額全体と年収とのバランスなどから組めるローンの金額に制限があり、頭金が必要となるケースが多くなるのです。
また、頭金を支払うことで月々の支払金額を抑える効果もあります。
カーリース契約では、頭金が不要となる代わりにリース契約満了時の車両の価値を残価として設定し、車両価格から差し引くことで月々の利用金額を抑えています。
そのためカーリースの場合、車を手に入れたいタイミングでまとまったお金が無くても乗り始めることが可能となります。


リースとローン、支払額だけ比較すればよい?

カーリース契約にはメンテナンス費用や車検費用などが含まれています。
車の維持にかかる費用が利用料金に含まれた状態で月々の利用料金が定められているのです。
そのため、毎月定額の利用料金を支払うことで、メンテナンスなどの一時的な負担をしなくて済むというメリットがあります。
新車をローンで購入する場合、月々の支払い以外にメンテナンス費用がかかります。
一定額の支払いではない突発的な出費があるのが、新車をローンで購入する場合の特徴となるので、単純に月々の支払額だけで比較すべきではないでしょう。


数年後に車を乗り換える場合

新車をローンで購入し数年後に車を乗り換える場合、ローンが残っていれば完済するなど自分名義に変えなければなりません。
その後、買い取りや下取りなどの手続きをする必要もあります。
カーリースで利用している車の場合、数年後のリース期間満了時には簡単な手続きで車を手放すことが可能です。
期間満了時のリースアップのタイミングで、そのまま乗り続ける継続リース契約や買い取り契約、別の新しい車をリースする契約などから自分に合ったカーライフの選択を手軽にできるのがカーリースのメリットでもあります。
ただし、カーリース契約の期間中に契約を解約する場合は違約金などを請求されるので注意しましょう。

好きな車に乗る方法は、新車をローンで購入するだけではない時代です。
頭金が必要ないカーリースを上手に利用する方法も、快適なカーライフを手に入れる1つの選択肢ですよ!