車のニオイ対策をしよう

普段使用している車のニオイを気にしたことはありますか?
自分の車のニオイはわからなくても、友人の車に乗った時にニオイが気になった経験を持つ人も多いです。
それと同じように、自分の車も実は臭いと思われているかもしれません。
今回は、ジアミストが車のニオイと芳香剤についてお話ししていきます。

車のニオイで気になるのは?

車のニオイに関するアンケートの結果によると、車のニオイで最も気になるのがエアコンをつけた時のニオイが最も多く、次にたばこのにニオイとなっています。
ニオイの原因は、エアコンのカビやたばこのヤニ以外にも食べこぼしや汗などによるシート汚れなどが原因となっています。
エアコンのニオイは、エアコンフィルターなどを掃除することで解消することができます。
シートの汚れも、シートクリーナーを使ったり、掃除機をかけるなどをして解消しましょう。
社内を掃除してもニオイが気になるという場合には、業者にクリーニングを依頼することで、ニオイも気にならなくなるでしょう。

ニオイが気になった時はどうする?

車のニオイが気になった時に簡単に対策できるのが、消臭剤や芳香剤です。
消臭剤や芳香剤はたくさんの種類があり、目的に合わせて選ぶのが良いでしょう。
スプレータイプや置き型タイプ、エアコンの吹き出し口にはめ込むタイプなど様々で、車内のインテリアとしても活用することができるのも魅力です。
芳香剤ぶ時には、香りの強すぎるものや独特な香りのするものは避けましょう。
また、芳香剤を複数使用するのも避けてください。
車内は狭い空間なので、いくつも芳香剤を置いてしまうと逆効果になってしまいます。

人気の香りは?

車内で使用する芳香剤で人気となっているのが、ムスク系の香りです。
ムスク系の香りにもいくつか種類がありますが、中でもホワイトムスクは、男女問わず人気となっています。
香水にも使用されていることが多いこともあり人気です。

芳香剤の効果を高めるには

芳香剤を購入したもののどこに置くのが良いのか迷ってしまうこともあります。
お気に入りの香りを車内で全体に効率よく広めたいという場合には、できるだけ上の方に置くようにしましょう。
ニオイは性質上、下の方に溜まりやすいので芳香剤を高いところに設置するのがおすすめです。
また、エアコンの吹き出し口に取り付けるタイプは、エアコンの風に乗って車内全体に行き渡るのでこちらもおすすめです。
消臭剤は、嫌な臭いを取り除く働きがあるので、シートの下などに置くと効果的です。