カーリース選びのポイント

マイカーの所有方法の一つにカーリースがあり、近年注目を集めています。
カーリースと新車購入の違いやカーリースを利用する際の会社選びについて、知識をがないという人も多いです。
今回はカーリースを利用するときのポイントをジアミストが紹介していきます。

カーリース会社の比較

カーリースはリース会社によって契約内容に違いがあります。
そこで、リース会社の比較を行う際に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。
カーリースでは車のグレードやカラーなど様々な違いがあり、同じ形の車体でも種類は様々です。
車を購入する際には、手元の予算の中で自分の好きなようにオプションなどを選ぶことができます。
しかし、リース会社によっては、オプションの種類が少なかったり、カラーやグレードを選べなかったりします。
そのため、自分の好みに合った車が欲しいと考えている人は、サイトやお店に問い合わせなどを行い、比較してみてください。

残価設定を比較する

カーリースでは契約期間後の車の価値が契約金額に見合っているかどうかを残価設定と言います。
カーリースで利用した車体に残価が設定されていた場合は、その分のリース料の総額を減らすことができます。
しかし、残価設定はあくまで普通に使っていた場合です。
極端に車体の走行距離が長い場合や改造車、車両ボディに傷や汚れがある場合、車体の価値が大幅に下がってしまいますので、その下がってしまった価値分の金額を支払わなくてはいけなくなってしまいます。
この残価分の支払いを残価精算と言います。
つまり、残価を高く設定していた場合契約期間中の支払いは安く抑えることができますが、契約期間が終了した時点の残価精算はその分大きな出費になってしまうということです。

リース料にはきちんと維持費・管理費が含まれているかを確認する

カーリースを利用する場合、契約期間中に維持費・管理費がきちんと含まれているかを確認しましょう。
もし、月々の支払金額の出費が安く抑えられるからといって、維持費管理費が含まれていないと、いざと言うときメンテナンスでかかる税金等は自分自身で支払わなくてはいけないケースがあります。
すると、結果的に、カーリースよりも普通のお店で新車を買った方が安くすむなんてこともあるのです。
そのため、カーリースを選ぶときはリース料に維持費・管理費など必要なものがきちんと含まれているのかを見て比較してもよいでしょう。