車でスマホやタブレットを効率よく充電したいなら

近年車で、スマホやタブレットの充電ができるようになり通勤や旅行の際に車で充電を行う人が増えてきました。
しかし、車での充電は家での充電やバッテリー充電に比べると時間がかかると感じる人が多いです。
そこでジアミストは今回、効率よく車でスマホやタブレットの充電を行うときのポイントについて紹介します。

車載USBポートとは?

ここ数年、車載USBポートが標準装備されている車が増えてきています。
車載USBポートがあることで簡単に充電ができて便利ではありますが、実はこの車載USBポートは、0.5アンペアと出力が低いのです。
そのため、充電に時間がかかったりタブレットの充電ができないなど不便を感じてしまいます。
一般的なスマホやタブレットの充電器には通常1~2アンペアとなっていて、そもそもの出力に差があることを理解しておきましょう。

なぜ車載USBには0.5アンペアの出力しかないのか

車載USBはもともとスマホやタブレットなど端末を充電するために設置された訳ではないからです。
これは電気が必要なUSBメモリなどを繋ぎデータを読み取るために搭載されたものでした。
そのためそれ以外での用途は想定外だったのです。
たくさんある端末にUSBが使用されているのは、充電や他の端末にデータを移す際にコードが1本で済むようになっているからなのです。
しかし、車内での充電が一般的になってきたことを考えると、今後は1~2アンペアの出力を持つUSBポートが搭載された車が増えてくると考えられます。

効率よくスマホやタブレットを充電するためには?

USBポートでの充電が遅いと感じている人は、シガーソケットから電源を取るようにしましょう。
車に搭載されているシガーソケットは基本的に10アンペアの出力があるので、シガーソケットにUSBカーチャージャーをつなぐことでスマホやタブレットの充電を安定的に行うことができます。
シガーソケットをつなぐ際は必ずアンペア数に注意して下さい。
出力が低いと充電がなかなか終わりませんが、出力が高ければ早く終わるというものでもありません。
出力が高すぎるとスマホやタブレットが壊れてしまう場合があるので、急速充電器などを利用して効率よく充電を行いましょう。