レンタカーとカーシェアは何が違う?それぞれのメリット・デメリットについて

最近では、マイカーを持つという人は年々減少傾向にあり、レンタカーやカーシェア、カーリースが一般的となってきています。
中でもレンタカーとカーシェアは、車を借りるという点では同じように思われますが、実はメリットやデメリットから大きく異なっているのです。
今回ジアミストでは、レンタカーとカーシェアの違いについてご紹介していきましょう。

レンタカーのメリット・デメリット

まずは、レンタカーのメリットとデメリットについて見ていきましょう。
レンタカーは比較的以前から事業を展開している会社が多いため、利用したことがあるという方も多いのではないでしょうか?
インターネットで利用したい日時と車種を予約し、当日店舗へ訪れると車をレンタルできます。
全国に店舗を構えているレンタカー会社であれば、乗り捨ても行えるため、片道だけの利用も可能となっています。
また、車種の選択肢も多く、用途に合わせて車種を選択することができるでしょう。
現在ではほとんどのレンタカーにETCが搭載されていることから、遠出する際にも利用できます。
一方で、デメリットとしては返却時にはガソリンを満タン状態にして返却しなければならないので、利用料金とは別にガソリン代の負担もあります。
他にも万が一の時のための保険などを付けると料金がどんどんかさんでいってしまうことが考えられます。

カーシェアのメリット・デメリット

カーシェアはその名の通り、1台の車を複数の会員でシェアして利用するというサービスです。
短い時間からでも借りることができ、借りる際の面倒な手続きもないため、利用しやすいと言えます。
車が使用中でなければいつでも利用できるので、レンタカーよりも手軽に使えるでしょう。
また、レンタカーと同様に自宅付近の営業所以外にも旅先にある営業所でも車を借りることはでき、さらに車にはほとんどETCが搭載されていることも大きなメリットに挙げられます。
しかし、デメリットとしては、借りる時間を決めたら延長などができないことや乗り捨てができないこと、車種が選べないことなどがあります。
また、会員費がかかるので、車を利用していない時でもお金がかかることになります。

どっちがいいかは用途によって異なる

レンタカーとカーシェアのメリット・デメリットをそれぞれご紹介しましたが、どちらを利用した方が良いのかは用途によって異なります。
例えば、普段から車を乗りたいのであればカーシェア、旅行や引っ越しなどで使用するなら車種を選べるレンタカーというように自らの使用用途によって選んでみると良いでしょう。

レンタカーもカーシェアもどちらにもメリット・デメリットが存在するので、自分がどのように車を使用したいか考えてから、選択してみてください。
どちらも維持費がかからないので、必要な時だけ利用すれば節約にもつながるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする