レンタカーを学割で利用する方法と必要なもの

車を持つと、ガソリン代や自動車税、車検費用などがかかり、一人暮らしをしている学生にはハードルが高いのが実態です。
そのため、必要な時にレンタカーを利用する方が維持費などを負担する必要がなく、お得になるでしょう。
また、学生であればレンタカーを学割できることを知っていますか?
今回の記事では、レンタカーを学割で利用する方法と必要なものを紹介していきます。


学割でレンタカーを利用しよう

友人複数で旅行をする際などに一時的に車を借りることができて便利なレンタカーですが、中には学割が効く会社もあります。
学割が効く会社は意外と少ないですが、見つけたら利用するのがおすすめです。
タイムズカーレンタルでは、免許証と学生証を提示することで学生は通常基本料金の15%割引で利用することが可能となっています。
他には、日産レンタカーや、オリックスレンタカー、トヨタレンタカーなどでは、学割ではなく、「大学生協プラン」というものがあり、生協店舗での予約・事前払いで安く借りることができます。


レンタカーを借りるのに必要なもの

学生がレンタカーを借りるのに必要なものは3つあり、1つ目は運転免許証、2つ目が学生証、3つ目はクレジットカードです。
レンタカーでの支払いは、基本的にクレジットカード決済となっており、現金払いができる会社も一部ではあるものの、多くはありません。
また、現金で支払うという場合でも、必ず本人確認書類または期限が有効なクレジットカードを提示する必要があります。


学割以外の安くレンタカーを利用する方法

・料金比較サイトを活用
レンタカーには料金比較サイトがあり、どのレンタカー会社を利用するのが安いかを比較することができます。
時期や曜日で変動しますが、学割や生協プラン経由で借りるよりも安いことが殆どです。
・クレジットカードの優待割引の利用
大学生協プラン経由でのレンタカーを利用する場合以外は、レンタカーはクレジット払いが原則となっています。
クレジット会社によっては、カード会員限定の割引があり、優待割引を利用してレンタカーを安く借りることが可能です。
学割・生協よりも割引額は低いですが、通常で借りるよりはお得なため、レンタカー割引ができるクレジット会社を利用している場合はおすすめです。

学生がレンタカーを利用する場合は、運転免許証と学生証、クレジットカードを用意しましょう。
また、レンタカー比較サイトを利用すると格安で利用できる場合があるため、確認してみてはいかがでしょうか?